クリックされやすいボタンのあれこれ

クリックされやすいボタンのデータがあります。

ホームページから予約や申込みなどのページに飛んでもらうための
いろいろなボタンを見たりクリックしたりされたことがあると思います。

 

レスポンスデバイスと言いますが

そのボタンにも成約に結びつきやすいボタンと全然クリックされないバタンがあるのを
ご存知でしょうか?

 

 

いろいろな説がありますが
まず、ボタンの色ですね。

以外に多いのが赤いボタンですね。
よく目立つのでいいのではないかと思うかもしれませんが

これは、案外とクリックされません。

 

統計上クリック率が高いボタンの色は青です。
最近はグリーン系も多いですね。

 

サイト全体の色が暖色系であれば青
寒色系であれば、ピンクやオレンジがおすすめです。

 

あなたのサイトは赤のボタンを使っていませんか?

もし、クリック率が悪いと感じているのであれば
まず、ボタンの色を変えてテストしてみてください。

ボタンの色でかなりクリック率が変わってくる可能性があります。

 

 

次に、ボタンに書いてある言葉は何になっていますか?

予約する、とか、申し込む、という言葉は
ユーザーにとって非常にクリックしにくい言葉ですよね。

あなたも経験がありませんか?
特に今すぐ必要じゃない場合、そのボタンを押すのを躊躇することがありますよね。

なので、もう少し気楽にクリックできるような言葉を工夫してみて下さい。

例えば、「詳しく見てみる」とか「見積もり無料」とか

もちろん、商品によっては予約や申込みという言葉が必要なこともありますので
あなたの商品サービスのなかで、少しの工夫でユーザーがクリックしやすい言葉を
ぜひ見つけて下さいね。

 

 

そして、ボタンの配置ですが
これはコピーライティングの中に組み込むことが多いので
コピーライティングのお話をするときにお伝えしていきますね。

 

 

 

関連キーワード
マーケティングの関連記事
  • 集客できないダメダメホームページ
  • 見込み客のリスト獲得コスト
  • 集客に大事なこと
  • ランディングページ(LP)とは
  • ランディングページの作り方
  • クリックされやすいボタンのあれこれ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • マーケティング
    集客に大事なこと
    2019年02月12日
  • マーケティング
    見込み客のリスト獲得コスト
    2019年02月12日
  • マーケティング
    サイト訪問者が不安になる要素
    2019年02月12日
  • マーケティング
    クリックされやすいボタンのあれこれ
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    自分目線とお客様目線
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール2 1文は短く
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    読まない、信じない、行動しない
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール3 大事なことは3回
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール1
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール4 共感
    2019年02月12日
おすすめの記事
ビジネスのステップ6 コミュティ化
マーケティング
バックエンド商品を購入してもらったら もちろん、それにふさわしい価値を提供しますが それとともに、コミュティを作ってそこに情報提供をしてい...
集客の鉄則
マーケティング
集客の鉄則はなんでしょうか。 もちろん、見込み客の集まっているところに広告を打つとか オウンドメディアを構築して、自然にアクセスを集めると...
AIDAの法則
コピーライティング
AIDAの法則 コピーライティングにはアイーダの法則というのがあります。 A:Attention(注目を得る) I:Interest(興味を...
2時間でホームページが作れちゃう講座
セミナー
昨年はたくさんのお仕事を頂いて 全く自分の講座をやる余裕がなかったので 今年こそはやるぞ〜♪ ようやく募集ページも作ったので 公開できるよ...
セールスは断れないオファーを提案する
コピーライティング
コピーライティングを書いていて、いよいよセールスに入る時に大事なこと お客様に何か提案する、セールスするという時は オファーが全てなんです...
共感が全ての始まり
コピーライティング
コピーライティングというか、ビジネスで商品サービスを買ってもらおうという時は まず、見込み客の現状に共感することが大事です。 悩みを理解して...