コピーライティングのルール1

コピーライティングの基本的なルールをお伝えしたいと思います。

 

まず、あなたの書いた文章をとても多くの人に読んでもらいたいと思います。

 

ですが、ここで最も注意してもらいたいのは

一人の人に語りかけるように書いてもらいたいということです

 

文章を読んでいる人は、たいてい一人で読んでいます。

あなたと、読んでくれる人との対話なんですね。

 

だから、語りかけるときは、

「皆さん」ではなく、「あなた」です。

 

最近は動画マーケティングも非常に盛んですが

動画でも同じことが言えますね。

 

動画を見ている人は、同時にかなりたくさんの人が視聴していると思いますが

それでも、語りかける言葉は「あなた」です。

 

皆さん、と話しかけられたら、読んでる人も見ている人も

自分事とは思わないんですね。

 

個人指導がなぜいいのかというと

行動するための強制力が働きますし

あなたとお客様の2人の約束になります。

 

より、自分のこととしてお客様が話を聞いてくれるということです。

 

 

常に1:1で問いかけていることを忘れずにコピーを書いていってくださいね。

 

 

 

 

関連キーワード
  • コピーライティングとは
  • コピーライティング 4つのタイプの動かし方
  • コピーライティングはラブレター
  • 読まない、信じない、行動しない
  • 共感が全ての始まり
  • 人は自分が一番かわいい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コピーライティング
    コピーライティングのルール1
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール3 大事なことは3回
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティング 4つのタイプの動かし方
    2019年02月12日
  • マーケティング
    見込み客のリスト獲得コスト
    2019年02月12日
  • マーケティング
    集客できないダメダメホームページ
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    共感が全ての始まり
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール2 1文は短く
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    自分目線とお客様目線
    2019年02月12日
  • マーケティング
    ランディングページの作り方
    2019年02月12日
  • マーケティング
    ランディングページ(LP)とは
    2019年02月12日
おすすめの記事
コピーライティングはラブレター
コピーライティング
コピーライティングは、4種類のタイプの人に向けて 順番に満たしていってあげると全員に伝わる、というお話をしてきましたが 確かに、その通りで...
ビジネスのステップ6 コミュティ化
マーケティング
バックエンド商品を購入してもらったら もちろん、それにふさわしい価値を提供しますが それとともに、コミュティを作ってそこに情報提供をしてい...
ランディングページの作り方
マーケティング
ランディングページは検索ユーザーの着地ページと言われます。 LPを読んで欲しくなって成約に結びつくわけなんですが このLPの伝え方ひとつで成...