コピーライティングのルール4 共感

人は、誰からものを買いたいと思うと思いますか?

大手メーカーの社員?

その商品のプロフェッショナル?

ガンガン攻めてくる来る人?

営業センスのいい営業マン?

足げく通ってくる販売員?

 

人がものを購入しようと思うのは

自分に共感してくれる人なんです。

 

自分に共感してくれる人の話しか聞きたくないんですよ。

 

共感出来ない人の話は聞きたくないので

共感できるメッセージを伝えてください。

 

共感するとは。。。

 

悩み、痛み、怒りに共感すると

見込み客はあなたを信用します。

 

悩みを打ち明けられれば

「わかります。」と大きく頷いてあげてください。

 

「わかります」という言葉はとても大事です。

どんな内容でも、まずは相手の今の気持ちをわかってあげるということであって

間違った考えを肯定するわけではありません。

 

私たちは、相手が間違っていると思ったときに

すぐに、「でも」とか「それは」という言葉で

反論してしまいがちですが

 

それでは、関係がギクシャクしてしまうので

まずは、「わかるよ」と合わせないと

相手も聞く耳を持たなくなります。

 

「わかるよ」と一言相槌を打つだけで

「あ、わかってもらえた」と思えるんですね。

 

人は共感できる人だけを信頼します。

 

ですので、

見込み客の、悩み。痛み、怒りにまずは共感し

信頼を得てから、解決策へと導いて下さい。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事