コピーライティングのルール8 商品は欲しくない

商品は欲しくないんです。お客さんは。。。

お客様が欲しいのは明るい未来。

 

お客様があなたの商品サービスに興味を示した時は

どうしても商品の良さや売りを話したくなりますよね。

 

でも、お客様の欲しい未来を聞かずに

商品の良さを喋り続けてしまうと

それを聞いたお客様が

 

「何か違う・・・」と思ってしまいます。

 

お客様が求めている未来とちょっとずれてしまうと

もう購入してもらう見込みがなくなってしまうんです。

 

商品の話をしたいのは少し我慢して

お客様が何を考えているのか、

どういう悩みや痛みがあって、そんな明るい未来になりたいのか

 

そこをじっくり聞いて下さい。

 

そのなりたい未来がしっかり把握できたら

その明るい未来を実現するためにこの商品があります。

という風に話して

 

そこからようやく

この商品をこんな風に使うことで、

あれがこんなふうになり、これがこんなふうになり

そしてあなたの明るい未来が実現されるのです。

 

という流れになります。

 

商品が優れているのは当たり前のこととして

その商品に惚れ込んで、商品ばかりを見てはダメなんですね。

 

見るべきはお客様の悩みや痛み、

それを解決してどんな未来に行きたいと思っているか。ですよ。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事