コピーライティングの長さ

あなたもいろいろなセールスレターを読むことがあると思います。

長いものから短いものまでいろいろありますが、

 

コピーライティングの長さはどれくらいが妥当だと思いますか?

 

短いほうが読みやすくていい?長いほうがよく伝わる?

考え方や感じ方は様々ですが

 

結論は言いたいことが伝わるれば長くても短くてもいいということですよね。

 

 

一般的には、価格が高くなるほど、コピーは長くなる傾向があります。

 

これは、ユーザーは、高額な商品を購入する時は

購入するための判断材料を多く求めるからです。

 

高ければ高いほど多くの価値を求めるので

その価値を伝えるための材料が多くなり長くなる傾向があります。

 

 

これも、信頼関係が重要で

初めから信頼関係があれば、

 

「これ買って」という一言で済むわけですが

 

私たちはコピーライティングによって

信頼関係を築いて行かなければならないので

おのずと文章は長くなっていきます。

 

 

読む方もいろいろな人がいるわけで

大きく分けると3種類のタイプに分けられます。

 

コピーライティングはその全ての人向けに書くので

どのタイプの人が読んでも伝わるように書くことが大事です。

 

 

その3つのタイプとは

よく色分けで話されることが多いですが

 

まず、赤タイプ

 

この赤色に属するタイプの人は

なんといいますか、イケイケな感じといいますか・・・

行動が早い行動型タイプです。

 

セールスレターを読んで、買う時は

ヘッドラインと言われる、

最初に目に飛び込んでくるキャッチコピーを見て欲しくなり、

価格と内容の妥当性が合えば買っちゃうタイプです。

 

そして、青タイプ

青タイプは、じっくり最後まで熟読してすごく考えて買うタイプです。

思考型ですね。

しっかり吟味します。

 

それから緑タイプ

緑タイプの人は、フィーリングが合えば買う感じですかね。

 

よく、人からすすめられて、いいよ、って言われるとそうなのか、と思うタイプです。

なので、セールスレターなんかは、実績とか、お客様の声とか、口コミを重視します。

これだけの人がいいと言ってるならいいんだろう、と思うタイプです。

 

 

あなたはどちらよりのタイプですか?

 

自分の感性だけでコピーを書いては、他の属性の人に伝わらないので

赤タイプの人が共感してくれるところ、

青タイプの人が共感してくれるところ

緑タイプの人が共感してくれるところ

 

それらを全て網羅したコピーを書かないと

偏ったコピーになってしまいます。

 

自分と全く違うタイプの人向けにも

是非コピーを書いてみて下さいね。

 

 

 

 

関連キーワード
  • コピーライティングとは
  • コピーライティング 4つのタイプの動かし方
  • コピーライティングはラブレター
  • 読まない、信じない、行動しない
  • 共感が全ての始まり
  • 人は自分が一番かわいい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コピーライティング
    コピーライティングのルール3 大事なことは3回
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    読まない、信じない、行動しない
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    共感が全ての始まり
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール1
    2019年02月12日
  • マーケティング
    サイト訪問者が不安になる要素
    2019年02月12日
  • マーケティング
    集客に大事なこと
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール4 共感
    2019年02月12日
  • マーケティング
    見込み客のリスト獲得コスト
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    人は自分が一番かわいい
    2019年02月12日
  • マーケティング
    集客できないダメダメホームページ
    2019年02月12日
おすすめの記事
ビジネスのステップ2 見込み客集め
マーケティング
ビジネスのステップの2つ目として、見込み客を集めるということがあります。 見込み客というのはアクセスで集まってきた人が全てかというとそうで...
2018年元旦
雑感
明けましておめでとうございます🎍 今朝村の氏神様に初詣。あいにくのお天気でしたが、 昨年のお礼参りと、今年の健康と商売繁盛...
ビジネスを始めようと思ったら
マーケティング
ビジネスを始める時にまず決めなくてはならないのは ビジネスコンセプトです。 まず、ペルソナと言われる理想の顧客像を決めます。 これは...
富山 成田山
雑感
ビジネスで成功している方に、 富山だったら成田山が商売繁盛にとてもご利益がある! と教えていただいて、 今年初めて初詣に行ってきました。 ...