ランディングページの作り方

ランディングページは検索ユーザーの着地ページと言われます。

LPを読んで欲しくなって成約に結びつくわけなんですが
このLPの伝え方ひとつで成約率が劇的に変わります。

 

何処にでも誰にでもありそうなものではなく

あなたのサービスが、誰のどんな悩みを解決するため

どんな根拠でどう素晴らしいのかを伝えなくてはならないですね。

 

いわゆるこれがペルソナと言われるものですが
ターゲットの人物像を細かいところまで
具体的に設定して

その人一人に購入してもらうつもりで
その人一人に語りかけたLPが高成約率につながります。

 

そして、それをいろいろな角度から
いろいろな視点で説明することによって

 

たった一人に語りかけたものが
多くの人の共感を呼ぶ内容になって
沢山の人に購入してもらえるのです。

 

 

では、何を語りかけるのか・・・

 

それは、まず、ペルソナにあたる人に聞くのが一番いいですね。

 

何処の誰に向けての商品・サービスなのか決まっているのなら
その属性と思われる人に

今、困っていること、悩んでいること、将来どうなりたいか

を聞きます。

 

それらを聞くことができたら、
自分の商品・サービスでどのように問題解決できるか

それを購入する、あるいは使うことによって
将来の自分の姿をありありとイメージ出来るように書いていきます。

そして、いろいろな角度から
それを伝えて行くことによって
幅広いターゲットに購入してもらうことが出来ます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事