共感が全ての始まり

コピーライティングというか、ビジネスで商品サービスを買ってもらおうという時は

まず、見込み客の現状に共感することが大事です。

悩みを理解して、「こうですよね」とまずは合わせていきます。

 

 

その上で、教育や信頼関係を構築していくのですが

共感をすることによって見込み客を集めることが出来るんです。

 

そもそも共感できない話は聞きたくないじゃないですか・・・

 

自分は生まれも育ちも良くて

お金持ちで、勉強も出来て、人間関係もうまくいき、そして今日がある、

なんて話を聞いたら、

 

そりゃ、あなただからできたんでしょう。

と、誰も共感してくれないし、そんな現実離れした話聞きたくもないと思います。

 

そんな話より、実際に

自分が全くダメな境遇にいて

こうこうこういう苦労をして、それでも全く目が出ず・・・・的な話をすると

人は、ああこんな人でも成功しているのであれば

ちょっと話を聞いてみようかという気持ちにもなります。

 

こちらからの一方的な押しつけで

「できますよ」「やりましょう」「問題ありません」

 

と、いくら言ったところで、

見込み客の心に共感していなければ絶対に聞いてもらえないのです。

 

多くは、自社製品の優れたところをアピールするばかりで

ユーザーの悩みに寄り添った中身がありません。

 

ユーザーが悩んでいることに対して

「わかりますよ」「自分もそうでした」

「みんながんばれないんです」「あなたのせいじゃない」

 

ということを強調し、

「その中で、あなたが頑張れる方法をお伝えしたい」

 

ということを伝えることに注力してください。

 

見込み客は、商品が優れていようがいまいが

ほしくないのです。

 

欲しいのは明るい未来

その明るい未来にあなたが連れて行ってくれるのなら

その商品サービスを購入したい。

 

と言ってくれるのです。

 

 

売れるコピーライターと売れないコピーライターの違いが

この、「共感」です。

 

 

関連キーワード
  • コピーライティングとは
  • コピーライティング 4つのタイプの動かし方
  • コピーライティングはラブレター
  • 読まない、信じない、行動しない
  • 共感が全ての始まり
  • 人は自分が一番かわいい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コピーライティング
    コピーライティングのルール2 1文は短く
    2019年02月12日
  • マーケティング
    サイト訪問者が不安になる要素
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール3 大事なことは3回
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    共感が全ての始まり
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングの長さ
    2019年02月12日
  • マーケティング
    集客できないダメダメホームページ
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    自分目線とお客様目線
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール5 ゴールだけを目指す
    2019年02月12日
  • コピーライティング
    コピーライティングのルール1
    2019年02月12日
  • マーケティング
    集客に大事なこと
    2019年02月12日
おすすめの記事
ビジネスを始めようと思ったら
マーケティング
ビジネスを始める時にまず決めなくてはならないのは ビジネスコンセプトです。 まず、ペルソナと言われる理想の顧客像を決めます。 これは...
保証をつける
コピーライティング
コピーライティングの中で、セールスを書いた後 保証の文言を入れていきます。 保証というのはリスクリバーサル お客様は何かを購入する時は 常...
集客できないダメダメホームページ
マーケティング
集客出来ないダメダメサイトというか、やっぱ、ビジネスで使うならそれは無いでしょう・・・・というのがあります。 それは、無料のホームページで...
集客に大事なこと
マーケティング
集客に大事なことはいろいろあります。 ちまたにも沢山の情報がありますよね。 私も旬な広告などをお知らせしていますが、もちろん、広告で集客す...
ウェブからのアクセスの集め方
マーケティング
ウェブからのアクセスの集め方は大きく分けて4つありますね。 1つはSNSです。 Facebook、Twitterなどです。YouTubeも...
ビジネスのステップ3 信頼構築
マーケティング
多くのアクセスを集めると、その中からあなたの商品サービスに興味を持ってくれる人が現れます。 その方たちはあなたの商品サービスを購入してくれ...